2010年02月12日

社長の仕事とは

何でも知っている社長より、知らない事が多い人の方が良い社長になる。

スタッフ、コンサルティング、お客様の声を謙虚な気持ちで、

良く聞く事ができ、学ぶ事に熱心になる。


意見が違う人を集める事で

いろいろな知識を得ることができ、相乗効果を得る事が出来る。


同じようなジャンルの人を揃える事は楽したいだけ。

反対意見が出なければ、会議をしてもアイデアを高める事は出来ない。


社長の必要な仕事は

「望む結果を明確にする」 

どういう理由で、どうしたいのかを人に伝える事で、人は集まってくる。
人が集まってこないときは、魅力が無いのかも?もっと目標を大きくしてみる。


集まった人に対して、自分が「誠実」に悩みを打ち明ければ
みんな、さまざまなアイデアや、さらなる人を導いてくれる。

それに感謝し、裏切らない「誠実さ」があれば、企業は成長する事が出来る。


ジェームススキナーの無料オーディオを聞いた自分なりの覚書でした。

無料試聴期間が、もうすぐ終了します。

ここで今この知識に出会えた事も、偶然ではなく必然なのだと思います。

チャンスは確実に掴んでいきましょう。

posted by kiokuno at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功のための一言メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。